誰でも実践可能!裏技心理学で恋人・セフレを作る方法

合コンや出会い系サイトなど異性との出会いの場にて、
心理学の知識があれば相手をコロっと自分の方に傾けて、恋人やセフレを簡単に作る事が出来ます。
出会い系サイトならプロフやファーストメールと呼ばれる相手へのアプローチ時に、
思わず返信したくなる文章を書くことが出来ます。
自分なりの成功する文面を作る事が出来れば(簡単です♪)、それをテンプレ化して使い回し、
気になる異性に連発送信すれば困っちゃうほど釣れちゃいます。

合コンならビジュアルも求められるので、普段は遠慮している御仁でも、
このサイトで教える合コン用心理学をそのまま利用すれば、お持ち帰りも簡単です。
貴方のその自身の無いビジュアルを覆い隠す心に刺さる言葉遣いで、相手の気持ちはもうベッドの上w

同調現象を利用してハードルを下げる

人間というのは、とても心理的に独立している生き物ではありません。
多くの人が、周囲に溶け込むように努力していくという生き方をしていますし、そうすることによって安心する生き物なんですね。
そんな、心理を利用した恋愛テクニックを紹介しましょう。

同調現象で認識を操作しよう

同調現象、というのはわかりやすく言うと周囲と同じことをしていると安心し、逆に周囲と違うことをしていると不安になってしまうことを言います。
例えば、二択のクイズがあったとして自分はAが答えだと思っているにも関わらず、周囲がBが正解だと騒ぎ立てているとBのほうに答えを変えてしまうというような心理状態のことを示します。
また、こう言った認知と同調現象における心理的変化のことを認知的不協和状態とも言います。
インターネットなんかでも、どのくらいの人はほぼ使用しているだとか、そういったことを言うとその範囲内にある人は自分も使うべきなのではないか、というように思い込んでしまったりすることですね。

同調現象を恋愛テクニックに応用する

言ってみれば、同調現象というのは集団におけるマジョリティ性のある物に人は移りやすいということです。
恋愛において言うと、モテるタイプの人を好きになる方が安心できる、というやつですね。
恋愛というのは、もちろん自分が好きになった人を好きでいいはずなのですが、自分が好きになる人が周囲から評価されていないと、自分の趣味がおかしいのでは?という風に思い同調現象的に不安になってしまうということなのです。
逆に、自分はそれほど良いと思っていなかったような人でも周りからとても高く評価されている人だと、あれ?実は良い人なのかなという風に思ってしまうんですね。

具体的な同調現象の恋愛応用方法

一番簡単なのは、自分が狙っている人の周りの人に協力してもらうことですね。
特に、女友達というのは結構人の恋愛に対しては積極的になりやすいので案外に簡単に協力してもらいやすいです。
そして、自分のいないところで女友達にその狙っている人に対して自分のいい話を沢山してもらうんです。
あまり露骨にやるのではなく、この間あの人にすごく親切にしてもらったとか、あの人にはやりの店を聞いて教えてもらって、行ってみたら凄く良かった、というような感じで良い印象を持つような些細なことをいくつも積み重ねてもらうんです。
そうすると、同調効果である程度良い評価をもらいやすいということです。

保有効果を使ってハードルを下げる

人の物に対する価値観というのは、非常に変わりやすく状況や環境によって同じものに対して持つ感覚もどんどん変わっていくんですね。
そういった、価値観の変動という物は恋愛においても有効活用しやすいのでそれについてを紹介しましょう。

手に入れたものは手放せない心理保有効果

保有効果、というのは一度手に入れたものに対して前よりも高い価値を感じる事を示した言葉です。
一度手に入れたことによって、所有した物に対する愛着心や執着心が湧いたり、所有した物を失うという事に対してのマイナスの感情を抱く度合いの大きさなどがこれに該当した言葉です。
一度手に入れたものは、中々手放しがたいという人間の心理を示しているのですが、実は恋愛というのはこれが使えるんです。

保有効果を使ったお試し恋愛テクニック

これは、マーケティング業界などでも使われている手法なのですが試しに付き合ってみて、相手が嫌だと思った時や好きじゃないと思った時は潔く身を引くから、と提案してみましょう。
つまり、仮で恋人になることを提案するという事です。
ここでポイントになるのは別れる権限を相手に与え、なお且つ相手に期限を全部委ねるという事です。
これは、通販などでも使われている返金保証制度に似ているんですね。
あの、気に入らなかったり効果がなかった場合は何日以内であれば返品してお金を返すという物です。
これは、いつでもやめられるという条件付けをしたことによりハードルを下げる効果があるのですが、先ほども言った通り人間というのは一度所有すると、それに対し愛着がわいたりして手放すことに抵抗を持つ物なのです。
だから、お試し恋愛関係であってもその間にデートを楽しんだりして一緒にできるだけ楽しい時間を作ってあげると、試しに付き合ったんだけど、手放すのは惜しいという心理が働くんです。
ハードルを下げ、付き合い相手に執着心を持たせることによって結果的に正式に付き合う事が出来るようになるというちょっと高度なテクニックです。

一夜限りの関係からも応用可能

出会い系サイトなどで、不倫やセフレという関係を作る際に最初は一夜限りの関係という風に此方から迫っておいて、相手に執着心を持たせるくらいに楽しませるようにするというのも、この保有効果を用いたテクニックに近い物がありますね。
一度手に入れた快楽、というのは中々手放せない人間の心理を逆手に取る集団は相手の心にうまく入りこむ武器になります。

損失回避の法則で説得力を持たせよう

人の性質というのは基本的にプラスよりもマイナスの出来事の方を大きく捉える傾向にあります。
例えるなら、100円を拾う喜びよりも100円を無くしてしまった悲しみの方が大きい、という事ですね。
この心理傾向は、心理学でも説明されておりことセフレ作りなどにも非常に大きな効果を持っています。

損失回避の法則で心理誘導させよう

先ほども言った通り、人間は利益を得るよりも損失を出す事に対しての意識が強いのです。
そして、利益を得るよりも損失を出さないようにするという認識の事を損失回避の法則というのですが、これはセフレを作る際にも相手を口説くという時に非常に使えるのです。

セフレ作りの際に役立つ損失回避の法則

セフレに誘う時の口説き方で、例えば自分とセフレになるとこう言う良い事があるとい風にアピールするよりも、セフレならないことによって発生するデメリットを説明する方がいいという事です。
しかし、それが脅迫めいた言い方になると逆にマイナス要素になってしまいますのでやり方にはちょっとしたコツが必要です。
例えば、わかりやすいのがこんなチャンス滅多にない、このチャンスを逃すと勿体無い、というような風に相手の認識を誘導する事です。
セックスのやり方や、性格的な相性が合う事をたっぷりとアピールし、更にこんなに相性が合う人はそうはいないというようにアピールするんです。
そうすると、相性がいい上にここまで自分を積極的に求めてくれる人は今後もういないかもしれない、となればここで躊躇えば損失になるかも、という風に思ってくれやすいんです。
そこまで考えさせたら、後は利益よりもそういったチャンスを逃すという損失を回避するために話に乗って来やすくなるという事ですね。

不倫や浮気の釘さしにも便利

更に、これは不倫や浮気のセフレをするときに互いにルールを決める時にもとても便利です。
せっかくのセフレなのに、そんなルールを決めてやるなんて窮屈で嫌だという風にごねる人もたまにいるんですね。
そういう時は、ルールを決めずにセフレという関係を続けることによって発生するデメリットを説明するんです。
こういう風にルールを守って付き合わないと、関係がバレて修羅場になるし、法的措置を取られれば多額の慰謝料をとられる、などわかりやすい形の損失例を示す事によって、相手を説得するというやり方もあるんですね。
損失回避の法則は、特に相手の気持ちを変えたり後押しするのにとても高い効果を持っています。

セフレのマッチングリスク意識と解消法

人は心理的に、何かしらの安心や保証という物を求めている物です。
そして、それがない事に対しては安易に動かないというような傾向のある生き物ですので、セフレや浮気、不倫といったリスキーなことに対してはそうそう踏み切れない物なのです、
しかし、逆に言えばそういった安心や保証を示してあげれば意外に踏み出しやすいという事もありますので、そういった心理についてを説明しましょう。

不安を覚えてしまうマッチングリスク意識

これは、マーケティング用語でもあるのですがマッチングリスク意識というのは商品に対して効果が出なかったら、あるいは自分に合わなかったらどうしよう…という不安を持つ事を示します。
つまり、手を出したことがない新しい事物に対しての未知のリスクを感じ、二の足を踏んでしまうという心理状態を示すのです。
マーケティング業界では、しばしばこのマッチングリスク意識を解消するために口コミコーナーなどの意識を反映させる場所を作り、そこで満足のいく声を沢山載せる。
或いは、返金保証などをして万が一合わなかったら返金しますという保証を付けることによって解消するという手法をとっているのです。

セフレ作りのマッチングリスク意識解消法とは

セフレを作る際に言うならば、もしも周りにバレてしまったらどうしよう。
乱暴されてしまったらどうしよう、全然性格が合わなかったらどうしようというような不安のことを示します。
こう言った、性のマッチングリスク意識の解消は実に簡単です。
まず、事が露見することに対しての不安は事前にルールを決めたりこう言う部分を注意すれば大丈夫と、安全意識や対策などをわかりやすく実際の行動を踏まえてプレゼンしてあげればいいのです。
更に、後々のセフレという物に対して楽しくなかったら、などの不快感に関してもそういったことを言ってくれればすぐに止めるという約束をしてあげるだけで十分な効果を発揮します。

マッチングリスク意識解消のコツ

セフレにおける、マッチングリスク意識の解消に重要なのは説得力を持たせることです。
つまりは、実際にリスク回避をする事ができるかどうかは割とどうでもよく、大事なのは自分が説明する事によって相手がリスク回避の納得をしてくれるかどうか、という事なんです。
だから、乱暴に言ってしまえば相手が納得するように割と口から出まかせだったり、それっぽい事を言っているというだけでも大きく効果を得ることができるんですね。

気分は占い師!バーナム効果の恋愛応用

人間は、特別ば物に対して強い畏怖を抱いたり強い憧れや強烈な印象を持ちやすい物です。
いわゆる、特別性という物なのですがこれは心理学的にも強い影響力を持っている物なので、しばしば恋愛テクニックにも用いることができるのでぜひ覚えておいてほしいですね。

バーナム効果で信用を勝ち得よう

バーナム効果というのは、占いなどにも使われるテクニックなのですがこれは言ってみれば当たり障りのない事をまるで相手のことを言い当てるような言い方をすることによって、相手に正確に自分のことを読み当てたと思わせる手法です。
コールドリーディングなどとも呼ばれる、実は詐欺などにも使われているやり口で、恋愛においても事これは強力な効果を発揮します。

バーナム効果の使い方

例えば、30代から40代くらいの人がいたとしましょう。
その人に対して、両親が最近どこか具合が悪くありませんか?などと聞いてみましょう。
これは十中八九あたるはずです、何故ならそのくらいの年代のご両親の年齢ならば多かれ少なかれ肉体的トラブルを抱えている物です。
他にも、悩んでいそうな人に対して「究極の選択をしようとしていますね」などと言ってみることです。
周りからしたら何てことはない事でも、本気で悩んでいる人にとっては大きな選択をしようとしている、という事はよくありがちです。
更に、「究極の」とやや大げさに言う事で相手は自分の悩みに深く共感してくれているんだ、と思い込んでしまうんです。
どちらも、誰が見てもわかるようなことをさも相手の心理を言い当てるように口にすることで、相手が勝手に正確に言い当てたという風に思ってしまう心理誘導術なのです。

恋愛におけるバーナム効果の応用

これらを恋愛に応用すると、例えば相手の身につけている小物などの色を見て「君って何色が好きそうだよね」という風に言うんです。
更にその理由も「だって、この色が似合いそうだから」という風に答えてあげることでこの人は私の好きな色を似合うと思ってくれる、つまり自分と感性が似ているんだという風に思わせる事が出来るのです。
要は、パッとみてわかる印象を言い当て更にその印象がわかった理由を何となく、だとか印象で、という風に言い換えることにより自分のことを理解してくれているんだ、と思わせるというわけですね。
人間というのは、特に自分に都合のいいように情報を解釈する物なので、非常にこの方法は使い勝手がいいのです。

カクテルパーティ効果で話題に引き込む

人は、実は発信されている情報を常に一定に得続けているという事はありません。
無意識に、多数の情報の中から取捨選択をしているのですがそういった情報の優先度合などを含めた心理的な働きも心理学で研究されているのです。
そして、その知識は恋愛にも応用することができるのでそれを紹介しましょう。

カクテルパーティ効果で情報の取捨選択

カクテルパーティ効果、というのはさまざまな雑音や会話が入り乱れる中で、自分の名前が入っている話題や自分にとって関心のある話題などが上るとそこだけ際立って聞こえるという事を示した言葉です。
人間は、心理学的に雑多な会話の中でも自分に関する事や自分の興味のある事という物だけを抜き出して選別し、そういう情報にだけを興味を向け他の雑音を切り捨てるような性質があるんです。
そういった、情報の取捨選択の性質を理解することで恋愛でも優位に立つことができるようになるのです。

実際に応用するカクテルパーティ効果の方法

まずは、先ほど言った通り名前を呼ぶ事です。
例えば、合コンのような多数の人が集まる場所での会話の中で逐次自分が狙っている人の名前を自然な形で呼ぶように入れることによって、相手に話を聞いてもらうという事が出来ます。
会話の枕詞にしたりして、呼びかけるように相手の名前を呼んだり質問したりすることによって、会話に呼び込むことができるという事ですね。
興味のある話題や、関心のある話題なんかは会話をある程度繰り返さないと何がそれに該当するのかわからないということもよくあります。
なので、まずはとにかく名前を聞いて会話の中で名前を呼ぶということから始めるといいでしょう。

聞いてほしい話の前には名前を呼ぶ

そして、カクテルパーティ効果というのは雑多な中での会話だけでなく相手の意識を話の内容に集中させるという意味でも使う事が出来ます。
だから、自分のアピールポイントや狙っている人に対して聞いてほしい話がある前には、名前を呼ぶことによってその話題に意識を向けさせる事が出来るのです。
ただし、長々と前置きをしてしまうとせっかくのカクテルパーティ効果が薄れてしまいます。
なので、名前を呼ぶ時はその直後に自分のしたい話の結論を持っていくというように、名前と特に聞いてほしい話の内容は直結して並べるようにしましょう。
そうすることで、会話に集中させ相手が聞き逃したり聞いてるけどすぐに忘れるという事はなくなるかと思います。

カリギュラ効果で燃え上がらせよう

心理状態や、認知というのは表現の仕方ひとつで同じことであっても受け取る印象というものが変わりやすいんですね。
そういった表現方法で、相手の印象を変えるというやり方もセフレを作ったりするときに使える知識やテクニックがありますのでそれについてを紹介しましょう。

カリギュラ効果で燃え上がるセフレ欲求をかきたてる

カリギュラ効果、と謂うのはわかりやすく説明すると人は禁止されていることに対して却ってやりたくなってしまうという心理を示した言葉です。
天の邪鬼的な心理や、ロミオとジュリエットのような結ばれない障害のある恋ほど燃え上がるというアレですね。
人は、社会的動物であり周りと違うことをすると不安に思うものなのですが、禁止されていることというのは外れていることであってもやっている人も多くいることでもありますので、カリギュラ効果は矛盾したことではないんですね。

カリギュラ効果が及ぼすセフレテクニック

これは、特に使えるのが浮気や不倫といった倫理的には許されない関係を作る時に使えます。
先ほども言った通り、カリギュラ効果というのは禁止されていることほどやりたくなってしまうという心理です。
浮気も不倫も本来は禁止されていることですから、そういう関係そのものがすでにカリギュラ効果に該当しているのです。

カリギュラ効果をより強い効果にするには

こう言った効果を更に高めて、相手の欲求を高めるためには禁断の関係であり禁じられていることということを特に意識させるような事を言うことです。
つまり、出会い系サイトなどで連絡を取り合うときにこういう背徳的なことをするとドキドキするというようなアピールを入れたりすることで、不倫や浮気が本来は禁じられていることだけど、それをあえてやるということをことさらに強調するということですね。
更に、セックス中なども相手に浮気や不倫をしていることを認識させるように相手の配偶者や恋人の事を何度も話題にしながら、不倫や浮気を意識させるというのもテクニックの一つです。
カリギュラ効果は、関係そのものに対して感情的、欲求的に火をつけるという効果もありますが、それ以上にそうした強い刺激を一度味わうことで、もっとしたいという風に思わせる事が出来るんです。
そうすると、次のセックスの約束も取り付けやすいですし不倫や浮気という関係を続けやすくすることができるわけですね。
敢えて禁止されているということを意識させるのが重要なのです。

ストループ効果を回避してセフレ作りに挑もう

人の脳というのは、非常に高機能であるのですが同時に多数のことを処理しようとすると、反応が遅くなってしまったりするんですね。
こう言った、複数の情報を同時に処理しようとする際に起こる、情報伝達と認識の遅れという物も、心理学で説明できることではあるのですがそれも実はセフレとの関係を便利に進めることができるテクニックに関連しているんです。

ストループ効果とは?

ストループ効果というのは、異なる情報を同時に目にした場合にそれらを正確に受け止め処理して理解するまでに時間がかかってしまう、ということを示した心理学用語です。
脳トレなんかでもたまにある、赤い文字で黄色と書いてある物がとっさに出てきで、その文字で書かれている色のボタンを押す、というようなものもストループ効果を用いた情報処理能力のテストとトレーニングです。
しかし、これはあくまでトレーニングなのですがこのストループ効果というのは異なる情報、矛盾した違和感のある情報を与えるという性質からストレスを感じ、情報が上手く入ってこないということに陥ってしまいやすいのです。

ストループ効果をセフレ作りに応用するには

これは、正確にはストループ効果を応用するというのではなくストループ効果を相手に与えないようにするということが大事なのです。
先ほども説明したとおり、ストループ効果は情報処理を遅らせ精神的にストレスを与える物です。
だから、セフレのような関係を作る際には相手をストループ効果に陥らせるアプローチ手段はとても不合理なんですね。
例えば、一番よくあるのがメールの文章の作り方です。
出会い系サイトなどでは文章を媒体にすることが多いのですが、メールの改行を一切しなかったり、句読点が少なかったり変なところでついていたりするような文章は頭に入って来にくいんです。
これも、実はストループ効果の一種だと言われています。
逆に、ストループ効果に陥らせないために強調したい文章は改行で隙間を空けて見やすくしておく、などの効果も大事です。

外見のストループ効果

出会い系サイトの中では可愛い絵文字などをたくさん使い、文章なども柔らかくポップなのにいざ会ってみると筋骨隆々とした男性だった、というようなことも実はギャップではなくストループ効果が発生してしまいやすいんです。
こう言った、情報の齟齬という物は不信感などを抱かせることも多いので、とくにマイナスのギャップにはならないように気をつけておいたほうがいいでしょう。

ディドロ効果で自己革命をしよう

人間の行動原理というのは、心理的にバランスを取ろうとしたりする物なのです。
そういった、心理的な動きを理解することでより、人の挙動や心理状態の変わりようなども理解しやすくなるかと思います。
今回は、そんな知識のひとつとそれを利用したテクニックを紹介しましょう。

ディドロ効果とは

ディドロ効果、というのは自分の欲する物が手に入ったときにそれが今ある環境などに適応するような物でなかった場合は、その手に入れたものを変化させるのではなく、その新しく手に入れたものに合わせてまわりを変化させていく、ということを示した言葉です。
例えば、買い物をしているときに偶然見つけたテーブルがあったとして、それがとても気に入ったとしましょう。
そして、買って持ち帰ったはいい物の家に飾ってみると内装や既存のインテリアとの相性がいまいちしっくりこない。
そういうときは、内装や既存のインテリアの方を入れ替えてそのお気に入りの購入したテーブルに合わせて模様替えをしてしまう、という傾向にあることを示しているのです。

セフレ作りに使うディドロ効果

これは、口説いたりする前の段階、つまりは自分を磨くために使える手段なのです。
確かに、昨今ではセフレを作るのは出会い系サイトなどのおかげでかなり簡単になっては来ましたが、やはり異性を射止めるには魅力的になるに越したことはありません。
さて、そんな人間を目指すときにこのディドロ効果というのはとても役に立つんです。
例えば、自分はあまり冴えない見た目でとても魅力的に見えない人間だったとしましょう。
しかし、その中で一つ自分が格好いいと思うファッションアイテムを何か見つけて購入するのです。
そういったものを本気で好きになって購入しても、冴えない見た目のままでは様にはなりません。
しかし、それを身に付け続けることによってディドロ効果でその様にならない物をつけなくなるのではなく、そういったものを身につけるのがふさわしい人間に自然となろうとするんです。
つまりは、そういうアイテムが似合う魅力的な自分になろうと無意識的に努力し変化をしようとするようになるのです。
ダイエットやファッションセンスを磨いたり、身体を鍛えたり精神的にも格好よくなろうとしたり、自分を自然と変えようとする動き、というのは魅力的な自分を作る上でとても強い武器になります。
なので、セフレをたくさん作れるようになるためにはこういった形から入るというのも一種の手段なのです。

一貫性の原理を利用してセフレ関係を続けやすくする

人の心理状態や、思考の動きというのはわかりやすい物である一定の法則を持っていたり、分析をすることができるような法則がありますので、知識さえ持っていれば予測したり自分の思う通りに誘導することができるのです。
そんな、思考の誘導術についてを紹介しましょう。

一貫性の原理とは

一貫性の原理、という言葉は人間は一度決めたことに対して無意識にそれを最後までやりきろうという風にする性質のことを示した言葉なのです。
一度決めたことをやり通す、というち何だか立派なことのように思えるかもしれませんが、そこまで大仰な物ではなく、例えば自分がやりたいと思ったこと尚に対してもそれを最後までやろうとするという性質のことも示しているのです。

一貫性の原理を利用した心理誘導について

こう言った、心理をどのようにセフレのような関係に使って有利に心理誘導をすることができるか、という話ですが例えばセフレという関係を最初に作る時にお互いに長い関係を続けようと言っておくのです。
そうすると、相手が自然とこの一貫性の原理に則った行動をとりやすく、セフレという関係を長続きさせやすくすることができるのです。
大事なのは、こちらが一方的に言うのではなく相手に言わせるということが大事なのです。
更に、それもセックス中など夢中になって精神的に高ぶっているときに言わせたりすることで、より効果が高くなるのがお勧めです。

重ねることでより強くなる一貫性の原理

更に、この一貫性の原理というのは繰り返し相手に意識させることによってより効果を高めることができるのです。
つまりは、会うたびにこれからもセフレとして付き合っていこうだとか、長くセックスを楽しむ関係でいようということを自分はもちろん相手にも言わせるのです。

更に、自分はやっぱりセフレ関係を続けて行きたいけど君もそう思ってる?というように聞くことで相手に続けて行きたい、と口にさせることで更に高い効果を重ねて行くことができるのです。
一貫性の原理、というのは最初に言わせることももちろん大事なのですが、更にそれを何度も繰り返し繰り返し言わせ続けることによって、やり続けようという意識をより強くすりこんでいくことができるのです。

同じものを買い続けて行くと、それが習慣化して買うのを止められなくなってしまうというアレと同じですね。
大事なのは、相手に実際に声に出してやりたいと言わせることなのでそう仕向けるように話を振るのが大事です。

■まとめ■
ここまで出会い探しに使えそうな心理学を紹介してきましたが、出会いなれしていない人ががいきなり心理学を駆使して女を落とす!なんてことは難しいと思います。
次の心がけを持つことならすぐにでも出来ます。

1.しなやかな「受容力」をつけていく
「受け入れ上手&聞き上手になることで、女性があなたに近づいてくる」

2.“素直で自然体”であること
「この人は私に心を開いてくれている」と相手に感じさせる

3.自分に自信を持つ
経験を積む地道な努力が結果を生みます

4.清潔な身なりに気をつける
最低限の身だしなみ、清潔感は必須です

5.勇気は勝手に出てこない。自分で「出す」もの
いつかは恥やリスクも受け入れて「えい!」って思い切る事が必要です

出会いの回数を重ねると先述している心理学も少しずつ取り入れて、自然にテクニックが付いていきますよ!さっそくセフレ募集で心理学を活かしてみましょう。

当サイトの他のページで紹介している手法やセフレ探しが楽になる心理学のページも参考にして、自分でも使えそうな心理学を1,2個チョイスしてどんどんエッチ相手を釣り上げましょう!