テンション・リダクション効果で判断力を鈍らせよう

投稿日: カテゴリー 選択の余地を提供

人は、緊張状態など実際におかれている環境や自分の精神状態によっても判断力などが増減したりする生き物なのです。
だから、それを利用することによって相手の判断力を上げたり下げたりするということが可能なんですね。
そうした、性的なテクニックがありますので紹介しましょう。

■緊張を緩めるテンション・リダクション効果
テンション・リダクション効果というのは心理学用語の一つなのですが、これは緊張が緩和された時に気が緩むということを示しているのです。
分かりやすく言うと、緊張状態から解放されて気が緩み油断している状態のことを示します。

■テンション・リダクション効果の具体例
いまいち、この効果の説明だけでは実際の状況を想像しにくいかもしれないので実例を交えて話しましょう。
例えば、車の運転免許の試験などで難しく苦手なS字カーブに緊張して挑みそれが上手く行ったことで緊張感が緩和されてしまったために、そのあとの何でもない一時停止を忘れてしまう。
或いは、苦手科目のテストが思いのほか上手くいき緊張が解けたせいで次の安全牌な科目でマークミスをして盛大に点数を落としたり、というようなことです。
要は、緊張状態が完全に解けてしまうことによって精神的に油断をしてしまい、何でもないところで大きなミスを起こしてしまったり適当な判断を下してしまうという事を示しています。

■テンション・リダクション効果をセフレ作りに活かす
さて、このテンション・リダクション効果が一体セフレ作りにどういう風に役に立つのかということですが特に使いやすいのが出会い系サイトなどでセフレを作るのが初めてだという初心者を相手にした時です。
こう言った部分で初めての利用の人というのは出会い系サイトから実際に直接会うということに対して幾分か緊張することが普通なんですね。
だから、その緊張状態を緩和してあげることによってテンション・リダクション状態にもっていき、セフレにしやすくするということができるのです。
具体的に、どうやって緊張感を緩和するのかということですが初めてセフレを求める、或いは出会い系サイトで人と会うという人が相手の場合はいきなりホテルに連れていくのではなく、最初は軽く食事をしたりしてそこで普通に会話を楽しむことです。
緊張感というのも、楽しく会話をすることを間に挟むことによってある程度緩和することができますので、そこでテンション・リダクション状態にもっていくと、判断力を下げセフレにもっていきやすいのです。

関連記事