松竹梅の法則は簡単に該当できる

投稿日: カテゴリー 選択の余地を提供

人は、選択肢をふいに与えられると実はバラバラな答えを選ぶよりもある一つの答えに集中しやすいんです。
そういった、選択における心理の働きというのはセフレを作ったり合コンなどの異性とのコミュニケーションにも応用することができる知識なので、覚えておくといざというときの武器になります。

■無難な選択を選ぶ松竹梅の法則
松竹梅の法則、というのは選択をするときに働く基準のようなもので例えば松竹梅というように三つのクラスに分かれているものを選択する際に人は、竹という真ん中に位置する物を選びやすいという性質のことを示しているのです。
SMLならM、というように三つのバランスの中で真ん中というのは謂わば一番無難な選択肢なわけですね。
冒険はしないけど、だけど一番下というのは物足りない気がするというような考え方ですね。
この、松竹梅の法則は特に日本人的文化に非常に大きくよくある現象なんですね。

■松竹梅の法則を利用したセフレテクニック
特に、これは合コンのようなセフレを作るための場所だったりインターネットコミュニティのオフ会など、多数の人が来るようなところで使いやすいです。
どういうことかというと、例えば男性にしても女性にしてもそういう場所で相手を誰に絞るかというときにも実はトップクラスの人を狙うよりも真ん中くらいの容姿の人を狙うという人の方が多いんです。
これは、比較対象があって成り立つことなので二人きりの場所よりも集団の場所が使いやすく、真ん中くらいの容姿という人は結構多いので、集めるメンバーで上手に印象操作をすることができるかと思います。
仮に合コンのような場所だと一番いい人は競争率が高そう、だけど一番の外れを狙うというのはあまりにも安全牌過ぎる選択はちょっとプライドが許さないということで真ん中くらいの人を選ぶということです。

■真ん中になるのは難しくはない
先ほども言った通り、トップになったりするのは自分の容姿が良くなければなかなかなれませんよね。
しかし、容姿的に真ん中を狙うのはさほど難しいことではありません。
自分より容姿のいい人なんかは集団で集まれば一人二人くらいは自動的に入るでしょうから、後は容姿的に自分よりも下の人を自分で集めておけば、真ん中に自動的に分類されるのです。
真ん中に所属するだけで、松竹梅の法則的には簡単に真ん中に入ることができるし、それだけで有利になりますので、簡単にその現象に該当することができるのです。

関連記事