スノッブ効果で恋愛を燃え上がらせよう

投稿日: カテゴリー 特別感を演出する

人間というのは、特別、限定、というような希少性の高い物に対して大きな価値を見出す物なのです。
それその物に興味がなくても、例えば数量限定と言ったりレア商品などという風に付け足すことで何となくそれが良い物であるという風に認識しやすいのです。
これを恋愛にも応用することによって、よりスムーズに口説く事が出来るのでその知識を紹介しましょう。

■スノッブ効果と希少性の法則
これは、入手が困難なほどその物の需要が大きくなり、逆に簡単に手に入る物ほど需要が薄くなるという事を示しているのです。
例えば、それその物がいい物であってもコンビニなんかでぽんと手に入る物だと、何となくありがたみが薄れてしまうというようなことであったり。
逆に、そうたいしたものでもないけど数量限定だったり期間限定発売というと何となく買っておかないともったいないという風に思わせる事を示した物なのです。

■スノッブ効果と希少性の法則の恋愛応用テクニック
つまり、これを恋愛に応用するには自分との恋愛は入手困難であり希少な物だという風に思わせる事が大事なのです。
例えば、どんな人に言い寄られても全然靡かないというように装っておいて、だけど相手にはほんの少しだけ可能性を示すようなふるまいをすることによって、なかなか手に入らないという事に対し恋愛的に燃えるようにする、というようなテクニックがあります。
女性なんかが、自分は安い女じゃないというようにアピールするためになかなかアプローチに靡かなかったりするというのもいわゆるスノッブ効果を無意識に使っているやり口なのです。

■スノッブ効果の具体例
これは、更にその恋愛に障害があるほど燃えるというのもこのスノッブ効果などに則した物だと言えるでしょう。
だから、より燃え上がらせるためにあえて周囲に反対してもらうというようなことも実はスノッブ効果を応用した恋愛テクニックの一つであるのです。
禁じられた恋愛や、周りの反対を押し切ってという風な恋愛を燃えるような大恋愛といいますが、正にこれも入手困難な恋愛という物の需要を高める心理テクニックなのです。

■難易度を高める注意
ただ、スノッブ効果を応用して中々靡かないという風にする場合絶対気をつけなければいけないのが他の人には一切思わせぶりな態度はとらない事です。
そうでないと、ただ気が多いだけで異性を弄ぶのが好きなだけな性格の悪い人間と思われて逆効果になってしまいますから注意です。

関連記事