シャルパンティエ効果で印象を変化させる

投稿日: カテゴリー 表現を工夫

人の抱くイメージ、というのはころころと移ろいやすくそれ単体での情報でなくとも、別の情報などと合わせてイメージが変わりやすかったりする物なのです。
そういった、イメージの変化や錯覚を利用することで印象も変更することができるのでそれについてを紹介しましょう。

■シャルパンティエ効果
シャルパンティエ効果、というのは物事に対して正確な数字よりもイメージを重視してしまったりするということなんです。
わかりやすく言うと、例えば哲学や科学なんかでもある鉄100kgと羽毛100kgどっちが重いかという問いです。
実際は、どちらも100kgなのだから重さは変わらないはずなのですが、イメージでつい鉄の方を重いと感じてしまう、この錯覚をシャルパンティエ効果と呼ぶのです。

■シャルパンティエ効果をセフレとの関係で応用する
さて、このシャルパンティエ効果ですが一体セフレを作る際にどんなふうに有効活用できるのでしょうか。
利用の仕方は実は色々あるのですが、とくに年齢において強い武器になりますのでそれを紹介しましょう。
例えば、30代というと何となくちょっと女性ならおばさん、男性ならおじさんというイメージがありますよね。
だけど、年齢が30代と言っておきながらも若々しい見た目になるように気を遣っておくことによって30代の中では綺麗、あるいは格好いいという風に印象付けることができるのです。
つまりは、30代という中のイメージにある物よりも容姿を良くすることによって、印象的によりよい物だという印象を相手に与えることができるのです。
要は、頭の中にある30代と自分という30代を相手に見た目で比較させるわけです。
どちらも30代には変わりないけど、見た目が若々しく綺麗に見える方がより魅力的だという風にシャルパンティエ効果を利用した認識を与えることができるというわけです。

■表記を変えて与える印象を変える
例えば、他にもシャルパンティエ効果にはビタミン1gというよりもビタミン1000mg配合という風に表記した方が何となく有効成分がたくさんあるように見えるなど、同じ意味だけど表記の仕方を変えることによって印象を変えることができます。
セックスは1回で限界というよりも、セックスにはこれだけ時間をかけますというように回数ではなく1回あたりにかける時間の方をアピールすることによって、相手に濃厚なセックスをしてくれるんだと期待させることができるのです。

関連記事